サックスはどんな楽器!?その特徴や選び方について

サックスとはどんな楽器なのか!?

サックスはお洒落なジャズバーなどで演奏されているイメージがあり、何となくかっこいい楽器だと思っている方も決して少なくないと思います。そもそもサックスは管楽器に属しており、さらに細かく分類すると木管楽器に該当しています。音域が広く、合奏やバンド演奏の中ではメロディーを担当することも少なくありません。さらに、ジャズやクラシック、ポップスなど、様々なジャンルの音楽で使える楽器です。魅力的な要素が揃っており、実際にチャレンジしてみる人も多い人気の管楽器だと言えるでしょう。また、サックスはリードとマウスピースを使用する楽器です。この2つのパーツはある程度の慣れも必要であり、人によっては相性の良し悪しもあるようです。したがって、マウスピースとリードをどう使いこなせるのかが、上達のコツかもしれません。

サックスを選ぶ時のポイントとは?

サックスは何となく値段が高い方が良い音を出すイメージがありますが、実際はそうとは限りません。確かに、値段が高いものはその分優れている部分が多いです。でも、だからと言って自分自身が気に入る音が出るかと言えば、そんなことはありません。このためサックスを選ぶ時は値段に捉われることなく、まずは実際に吹いて音を確かめてみることが大切です。いくつかのメーカーを試してみて、一番気に入った音が出るサックスを選ぶようにしましょう。また自分が好きなサックス奏者がどのメーカーのサックスを使っているのかどうかも、とても参考になります。

人間の声と同じくらい、多様な感情表現ができるのがサックスと言う楽器の良いところです。甘く柔らかいヴィヴラートが、他の楽器には真似の出来ない、人間のいやらしさを音で表現できるんです。