大きい買い物だからこそ慎重に!中古車を選ぶ時のコツ

走行距離による購入の基準

中古車を購入する上で重要となる見極めのポイントの一つが走行距離です。車は消耗品である以上、長く使い続けることで状態は落ちていきます。しかし、一般的に15万km以内であれば問題なく走行することができると言われていて、安全性を重視している大手と呼ばれるメーカーの中には、20万kmを超えても走り続けているケースは少なくありません。

とはいえ、購入者の多くが少しでも長く乗り続けることを望むため、走行距離がほど買い手が少なくなって価格が下落してしまうのが実情です。つまり、走行距離が短いほど値段が高く、距離に比例して安くなると考えておけば問題ありません。

そのため、購入に対して値段よりも見た目の状態を重視するのであれば3~5万kmを目安に、少しでも安い購入を希望する人は8~10万kmを基準にすると見つけやすくなります。

車検の有無を確かめる

走行距離以外のポイントとして挙げられるのが車検の有無です。日本では車やバイクといった車両を公道で安全に走らせるために事前に国が定める基準をクリアーしているかの検査を受けることが義務付けられています。排気量によって若干の違いはありますが、普通乗用車の場合は2年に1回受けなくてはいけません。

中古車として販売されている車の中には有効期限が切れてしまっているケースもあります。こうした切れている車は、予め購入費用に車検と整備の費用を含んでいる物や購入後に別途費用が発生する物などいくつかの種類に分かれているのが特徴です。

車の車検は依頼する業者によって数万円の違いが出ます。そのため、少しでも費用を抑えたいと考えるのであれば、車検の費用が含まれていない車を購入して安く車検を通す方法がおすすめです。

ボルボを仙台で購入するとメリットがあります。車両価格が安く販売されていますので、安く購入したい方には最適です。